keyvisual




世界で65点限定となる「南部鉄瓶ゴジラ」の実物が、11月3日に開催された「ゴジラ・フェス2019」でお披露目されました。お値段なんと100万円!

映画「ゴジラ」の主演を務め、2019年で芸能生活65周年を迎える名優・宝田明さんが総合プロデュースしたのは、南部鉄瓶とゴジラをコラボレーションさせた逸品。制作に携わっているのは南部鉄器製造業「及富」の南部鉄器職人・菊池章専務と、宝田さんとも親交があるというイギリス人彫刻家のグレゴリー・ローズさんで、1954年公開の映画「ゴジラ」に登場した“初代ゴジラ”の胸から上をモチーフにしており、鋭い眼光は真ちゅうに銀メッキを施して表した他、神々しさを感じさせる表情や鋭い刃、ゴツゴツとしたゴジラの皮膚の質感を見事に表現しています。


販売価格:100万円(税・配送料別)

※宝田明さんの写真と自筆サイン入りの限定証明書付き

サイズ:高さ27センチ×奥行36センチ×幅30センチ

容量:1.2リットル

重量:鉄瓶本体約7.8キロ、台座約7.4キロ、総重量約15.2キロ

素材:鉄瓶本体及び台座は南部鉄器(目は真ちゅうに銀メッキ)

納期:商品の受注から約3カ月後

ねとらぼ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/04/news025.html#utm_term=share_sp

















ゴジラ・ストア





ニッポン・ゴジラ黄金伝説
宝田 明
扶桑社
売り上げランキング: 1,220,198