著名人

俳優・宝田明 ゴジラに込めた思い語る責任 ー


AS20210120000578_comm
続きを読む

『GODZILLA ゴジラ』宝田明のカメオ出演、なぜカットされたのか


aaen2640-1024x428
続きを読む

【訃報】開米栄三さん死去 「ゴジラ」など特撮用の着ぐるみ造形


4dfe55742f4ae4111f24f985811759f9_t
続きを読む

【京都みなみ会館】超大怪獣R 小高恵美映画祭が開催!


EFoOCzTUEAI9d22 続きを読む

10月19日と20日は小高恵美サイン会&トークショー連続開催!


EFoOCzTUEAI9d22

続きを読む

【BOSS】もしも現代の技術で初代ゴジラを作ったら...


naka
続きを読む

【アカデミー賞】初代「ゴジラ」中島春雄さんを追悼


DXgNlPXVwAAwksd

続きを読む

石破茂が真面目に語るシン・ゴジラ


640

続きを読む

TOKIOの城島茂と山口達也がラブカを東京湾で捕獲


002_size6
続きを読む

【訃報】「ゴジラ対ヘドラ」監督の坂野義光さんが逝去


 
10012195_sns
続きを読む

〈小さな巨人〉長谷川博己&市川実日子が夫婦役で共演


new_PQN7jeb4
続きを読む

原一男のNGテイクは見てるこっちがヒヤヒヤする


シン・ゴジラ

続きを読む

虚淵玄、ゴジラの哲学を語る


C7gsu9PVUAElV_x

続きを読む

石原さとみ:「シン・ゴジラ」カヨコ役は「ダイヤの迫力にも負けない」庵野総監督の説明明かす



1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 20:51:43.76 ID:CAP_USER9.net
 
女優の石原さとみさんが3日、名古屋・栄の高級宝飾店「ハリー・ウィンストン名古屋店」の 
リニューアルオープニングセレモニーに登場。今年公開された怪獣映画「シン・ゴジラ」で演じた 
米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役について、脚本も手がけた庵野秀明総監督から、 
撮影前に「カヨコはハリー・ウィンストンを着けているような女性」と説明されていたことを明かした。 

 石原さんは「ジン・ゴジラで、衣装の打ち合わせをした時に庵野監督が、カヨコはハリー・ 
ウィンストンを着けているような女性だとおっしゃったんです」といい、その説明によって 
「本物を知っていて気高く、清く、ダイヤの迫力にも負けていない自信にあふれる女性だと 
想像できました。(カヨコ役では)役柄を通じて、女性として、人間として学びが多かった」と振り返った。 

 一方で、劇中では同ブランドのジュエリーを身に着けることができなかったといい、 
「今回、石原さとみとしてハリー・ウィンストンと縁を持たせていただいて感謝しています」と 
うれしそうな笑顔を見せていた。 

 この日、石原さんは総額約1億9000万円相当のダイヤモンドジュエリーと時計を身に着けており、 
店舗前でテープカットも行った。 

 「ハリー・ウィンストン名古屋店」は、2007年に国内5店舗目として名古屋・東桜にオープン。 
名古屋市中区栄3丁目に移転し、この日、リニューアルオープンした。店舗面積は409.9平方メートル。 
営業時間は午前11時~午後8時。不定休。 


001_size6



続きを読む

「シン・ゴジラ」映画賞総ナメの前評判も石原さとみだけが蚊帳の外?

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/12(月) 17:57:31.58 ID:CAP_USER9.net
 庵野秀明氏が総監督・脚本を務めた映画「シン・ゴジラ」が異例の大ヒットとなっている。 

 7月29日から8月28日までの公開1カ月で累計動員360万人、累計興行収入は53億円を突破。 
その勢いはいまだ衰えておらず、80億円超えも見込まれるなど、今年の邦画ランキング第1位が確実視されているのだ。 

 そのため、早くも映画関係者の間では、来年3月に行われる日本アカデミー賞で「シン・ゴジラ」が果たして何冠を達成するのか? が大きな話題になっているという。 

「主役を務めた長谷川博己の主演男優賞、竹野内豊の助演男優賞のほか、監督賞、脚本賞、撮影賞などの獲得が確実視されています」(映画ライター) 

 だが、こうしたなかでひとり蚊帳の外に立たされているのがメインキャストの石原さとみだ。 

「バイリンガルの米国大統領特使役を務めた石原は、日本語と英語を織り交ぜて話すセリフも多いのですが、 
その発音に映画を見た人たちは『ルー大柴みたい』と酷評。客席からは石原が登場するたびに失笑が起こっていました。 
これでは石原がCMに出ていた英会話学校も面目丸つぶれですよ(苦笑)」(前出・映画ライター) 

「シン・ゴジラ」への出演が決定した直後、石原はメディアに対して「いま絶対に日本人に見てほしい映画。 
私の女優人生でも重要な作品になる」と意気込んでいたが、むしろ女優評価を落としかねない受難の作品となったようだ。 

2016/9/12 10:00 アサ芸プラス 




続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ