著名人

【BOSS】もしも現代の技術で初代ゴジラを作ったら...


naka
続きを読む

【アカデミー賞】初代「ゴジラ」中島春雄さんを追悼


DXgNlPXVwAAwksd

続きを読む

石破茂が真面目に語るシン・ゴジラ


640

続きを読む

TOKIOの城島茂と山口達也がラブカを東京湾で捕獲


002_size6
続きを読む

〈小さな巨人〉長谷川博己&市川実日子が夫婦役で共演


new_PQN7jeb4
続きを読む

原一男のNGテイクは見てるこっちがヒヤヒヤする


シン・ゴジラ

続きを読む

石原さとみ:「シン・ゴジラ」カヨコ役は「ダイヤの迫力にも負けない」庵野総監督の説明明かす



1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 20:51:43.76 ID:CAP_USER9.net
 
女優の石原さとみさんが3日、名古屋・栄の高級宝飾店「ハリー・ウィンストン名古屋店」の 
リニューアルオープニングセレモニーに登場。今年公開された怪獣映画「シン・ゴジラ」で演じた 
米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役について、脚本も手がけた庵野秀明総監督から、 
撮影前に「カヨコはハリー・ウィンストンを着けているような女性」と説明されていたことを明かした。 

 石原さんは「ジン・ゴジラで、衣装の打ち合わせをした時に庵野監督が、カヨコはハリー・ 
ウィンストンを着けているような女性だとおっしゃったんです」といい、その説明によって 
「本物を知っていて気高く、清く、ダイヤの迫力にも負けていない自信にあふれる女性だと 
想像できました。(カヨコ役では)役柄を通じて、女性として、人間として学びが多かった」と振り返った。 

 一方で、劇中では同ブランドのジュエリーを身に着けることができなかったといい、 
「今回、石原さとみとしてハリー・ウィンストンと縁を持たせていただいて感謝しています」と 
うれしそうな笑顔を見せていた。 

 この日、石原さんは総額約1億9000万円相当のダイヤモンドジュエリーと時計を身に着けており、 
店舗前でテープカットも行った。 

 「ハリー・ウィンストン名古屋店」は、2007年に国内5店舗目として名古屋・東桜にオープン。 
名古屋市中区栄3丁目に移転し、この日、リニューアルオープンした。店舗面積は409.9平方メートル。 
営業時間は午前11時~午後8時。不定休。 


001_size6



続きを読む

「シン・ゴジラ」映画賞総ナメの前評判も石原さとみだけが蚊帳の外?

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/12(月) 17:57:31.58 ID:CAP_USER9.net
 庵野秀明氏が総監督・脚本を務めた映画「シン・ゴジラ」が異例の大ヒットとなっている。 

 7月29日から8月28日までの公開1カ月で累計動員360万人、累計興行収入は53億円を突破。 
その勢いはいまだ衰えておらず、80億円超えも見込まれるなど、今年の邦画ランキング第1位が確実視されているのだ。 

 そのため、早くも映画関係者の間では、来年3月に行われる日本アカデミー賞で「シン・ゴジラ」が果たして何冠を達成するのか? が大きな話題になっているという。 

「主役を務めた長谷川博己の主演男優賞、竹野内豊の助演男優賞のほか、監督賞、脚本賞、撮影賞などの獲得が確実視されています」(映画ライター) 

 だが、こうしたなかでひとり蚊帳の外に立たされているのがメインキャストの石原さとみだ。 

「バイリンガルの米国大統領特使役を務めた石原は、日本語と英語を織り交ぜて話すセリフも多いのですが、 
その発音に映画を見た人たちは『ルー大柴みたい』と酷評。客席からは石原が登場するたびに失笑が起こっていました。 
これでは石原がCMに出ていた英会話学校も面目丸つぶれですよ(苦笑)」(前出・映画ライター) 

「シン・ゴジラ」への出演が決定した直後、石原はメディアに対して「いま絶対に日本人に見てほしい映画。 
私の女優人生でも重要な作品になる」と意気込んでいたが、むしろ女優評価を落としかねない受難の作品となったようだ。 

2016/9/12 10:00 アサ芸プラス 




続きを読む

押井守「シン・ゴジラは70点、色々言いたいことがあるから書いていくわ」

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 9366-X7lz):2016/09/11(日) 16:55:56.80 ID:phMkCHFe0?2BP(1000)

TVブロス9/10号 押井守「シンゴジを語る」要約 
●取材・文は渡辺麻紀(映画ライター、以前から押井とつるんで押井本もだしている 
●関連記事全4頁、ただし2頁目は鎌倉さん上陸シーンで実質3頁 
●1頁 
ほめる 
「2時間でおさめた脚本がいい」「マンガ原作でないのがいい」「初代どうようゴジラに感情移入してないのがいい、初代以降は怪獣感情移入でダメになった、シンゴジはまさに初代の正統後継だ!」 
●3頁 
ベテラン役者採用をほめながら次第にdisモードに 
イケニエはまず樋口そして… 
「しんちゃんは(対人関係で)イザとなると(おびえて)ダメ、『進撃』は20点」 
「シンゴジは脚本とキャスティング、このふたつの基本をおさえてるから70点」 
「ただしそれは出発点、上乗せはない(キリッ」 
●3末~4頁 
いよいよ庵野への罵倒開始 
「伊福部モノラル録音をつかった音響庵野はクソ」 
「エンドロール、クレジットにでまくった庵野はクソ」 
「特Aアニメーターに口出しした(ry)」 
「『風立ちぬ』の主役声優(ry」 
「宮さんは孫ポジション庵野をかわいがりすぎ」 
さすがにライターに「嫉妬してます?」ってつっこまっれてアタフタアタフタ、 
「庵野は監督の資質がある、マニアやファンのことを考える(いい意味での)商売人だ」 
と上げたはいいが 
「おれはそんなことしねー、あいつとは立ち位置がちがう!」 
「(シンゴジには)テーマがねえ、オリジナリティがない。ー10点!」「あいつは趣味だけ個性がない、コピーの天才にすぎない(キリッ」 
そして 
「俺はデビッド・リンチが好きだ」 

「庵野には彼のような映画はまず、作れないから」 

Fin 


 
2 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 3d66-dUWz):2016/09/11(日) 16:56:24.32 ID:D0ElSquT0.net
押井の評論って町山や宇多丸より面白いよね



続きを読む

監督押井守のシン・ゴジラにありがちなこと





1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/09/06(火) 09:06:41.886 ID:7QJZ1AFXM.net
ゴジラ撃退をめぐって警察と自衛隊が対立する


 
2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/09/06(火) 09:07:18.968 ID:b4bTgEZod.net
対策本部にバセットハウンドがいる

続きを読む

サンデーうぇぶりで島本和彦「アオイホノオ」特集 『シン・ゴジラ』本も一部公開





ll



漫画家・島本和彦さんの自伝的作品『アオイホノオ』の特集企画「ホノオVSアンノ」が、8月25日(木)から小学館の漫画サイト・サンデーうぇぶりで公開された。

大阪芸術大学の同級生・庵野秀明さんの監督作品『シン・ゴジラ』に打ちのめされた体験をまとめた同人誌『アンノ対ホノオ』の一部や、現在『ゲッサン』で連載中の『アオイホノオ』で作中のキャラクター・庵野秀明が登場する回を掲載している。
島本和彦さんによる『アンノ対ホノオ』は、「シン・ゴジラを観て、どういう態度をとったら良いのか、どう打ちのめされるのが正しいのか、細かく手ほどきする」解説本。

8月12日から行われた同人誌即売会「コミックマーケット90」(コミケ90)での頒布に際してファンが殺到し、用意されていた部数は完売した。

完売直後、取材には「再販などは現時点では考えていない」とコメントしたものの、ネット上での大きな反響を受けて、8月31日(水)までの期間限定で、島本さんの同人誌通販サイト「ウラシマモト」にて再販売となった。

漫画家による個人製作の同人誌を、連載先の大手出版社がこれほど大々的に取り上げるのは異例の事態。全4回に渡って特集されるという。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010000-kaiyou-ent


サンデーうぇぶり

https://www.sunday-webry.com/

押井守がゴジラと庵野秀明語る企画も、テレビブロスで2号連続「シン・ゴジラ」特集

1 : リサとギャスパール ★@\(^o^)/:2016/08/24(水) 18:17:14.02 ID:CAP_USER9.net

テレビ情報誌TV Bros.にて、2号連続で「シン・ゴジラ」に関する特集が展開される。

本日8月24日発売の8月27日号には、RHYMESTER・宇多丸や映画評論家の柳下毅一郎による批評を掲載。
そして9月7日発売の次号には、押井守が「シン・ゴジラ」と同作の総監督・庵野秀明について語った記事が登場する予定だ。

なお今号には、そのほか9月3日に封切りを控える「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」の主要キャスト・松田翔太と浜野謙太のインタビューや、
TEAM NACSらが所属する事務所クリエイティブオフィスキュー主催のイベント「CUE DREAM JAM-BOREE 2016」のレポートが掲載されている。 


news_xlarge_tvbros0827_20160824_01



 
続きを読む

沢口靖子、最後のリッツパーティー開催 生配信&一般観覧も可能


image



1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/
2016/08/16(火) 19:55:15.63 ID:CAP_USER9
2016年08月16日 18時07分 ORICON STYLE 

 ヤマザキナビスコのクラッカー『リッツ』が今月を持って製造終了することを受け、1988年より28年にわたって同商品のCMに出演し、その中で「リッツパーティー」を開催してきた女優の沢口靖子が、今月19日に“最後のリッツパーティー”を開催することが16日、明らかになった。 

 同社は今年2月、米モンデリーズ・インターナショナルとの製造・販売ライセンス契約を今年の8月末で解消し、45年以上も製造・販売してきたビスケットの「リッツ」や「オレオ」など4商品の製造を終了すると発表。9月1日より商号をヤマザキビスケットに変更する。 

 「リッツ」の終了に伴い、CMで友人たちと「リッツパーティー」を開催し、上に食材を乗せて食べる「オン・ザ・リッツ」を楽しんできた沢口を心配する声が、ネット上で大きな話題に。 
「沢口靖子がリッツパーティーをできなくなるのは一大事じゃないか!」「これから沢口靖子は何でパーティーをするの?」など、沢口とリッツパーティーの行く末を心配する意見が飛び交った。 

 そんな自身のイメージの一部ともいえる大事なイベントに区切りをつけるべく、“最後のリッツパーティー”の開催が決定。会場の東京・六本木のEXけやき坂スタジオに沢口が登場し、思い出話や過去のCMを振り返る。 
また、この模様は午後9時よりインターネットTV局「Abema TV」の『Abema Prime』にて生放送され、スタジオの一般観覧も可能となる。 

 なお、沢口は同社が9月から発売する新製品『ルヴァン』のCMキャラクターを務めることが決定している。沢口が新CMで“オン・ザ・ルヴァン”や“ルヴァンパーティー”をするのか、こちらも注目が集まる。 


https://news.nifty.c...d/12173-oric2076870/


続きを読む

島本和彦『シンゴジラ』本がコミケを席巻! 本人直撃「とんでもないことになった」

 1 : YG防衛軍 ★@\(^o^)/2016/08/15(月) 21:04:44.23 ID:CAP_USER9
 
この夏、日本に熱狂の渦を巻き起こしている『シン・ゴジラ』。そんな中、8月14日(日)に行われた「コミックマーケット90」(C90)最終日、最も話題を振りまいたと言っても過言ではないのが、漫画家の島本和彦先生でした。

同作の総監督をつとめた庵野秀明さんと大阪芸術大学の同級生でもある島本和彦先生は、この夏コミで、「シン・ゴジラを観て、どういう態度をとったら良いのか、どう打ちのめされるのが正しいのか、細かく手ほどきする」解説本を頒布しました。

この日、島本先生のブースには大勢のファンが大挙し、もはや最後尾を把握できていないコミケスタッフさえ現れるほどの盛況っぷり。島本さんのサークル名「ウラシマモト」はTwitterのトレンド入りを果たしたのでした。
島本和彦先生の敗北宣言、『シン・ゴジラ』本、発声可能上映

事の発端は、公開日当日の7月29日。『シン・ゴジラ』を鑑賞した島本和彦先生が、級友にしてライバルである庵野秀明監督に敗北宣言を行って大きな話題を呼んだことでした。

TVドラマ化もされた島本和彦先生の自伝的漫画『アオイホノオ』で、自身を投影した焔燃(ホノオモユル)が、作中で庵野監督の手がけた作品に衝撃を受けるシーンをなぞるかのような展開。

そして、その数日後の8月2日には、目前に迫った夏コミに向けて急きょ『シン・ゴジラ』本を出すと発表。こちらもTwitterで2万RTを超える反響となりました。

さらには、8月15日(月)に新宿バルト9で開催されることになったコスプレや声出しOKという『シン・ゴジラ 発声可能上映』も、実は庵野監督が、島本先生のために東宝にオファーしたものだったことが明かされました。

発表時点では表紙しか描き上がっておらず、「このタイミングで夏コミに間に合うのか?」という周囲の心配をよそに、『シン・ゴジラ』本(正式名称『アンノ対ホノオ。』)が無事に間に合うと報告されたのは8月10日。

お膳立ては整いました。夏コミ最終日の台風の目は、島本和彦先生のサークルだろうと、誰もが思っていたに違いありません。

そして実際に、そんな周囲の予想をも遥かに上回る大盛況を記録したのでした。

 
2 : YG防衛軍 ★@\(^o^)/2016/08/15(月) 21:04:59.04 ID:CAP_USER9.

スタッフが最後尾を見失うほどの大行列

夏コミ最終日、10時の開場からほどなくして西ホールにたどり着いた筆者が目にしたのは、「ウラシマモト」からどこまで伸びているのかわからない大行列でした。

午前中から完売まで終始、「ウラシマモト」を中心とした西ホールは、とんでもない行列で埋め尽くされていました。

筆者が「最後尾はどこですか?」とコミケスタッフに質問すると、「わかりません」という答え。それほど現場は、想定外の事態に混乱し、そして熱狂していました。

シン・ゴジラ来襲に混乱を来す市民と対策本部さながらの様相。

そして13時前には、ついに完売報告が。
島本和彦先生「盛り上がりすぎて、とんでもないことになった」

行列の待機中、とても近付くこともできなかったウラシマモトでしたが、『シン・ゴジラ』本が完売し、落ち着きを取り戻したブースにいらっしゃった島本和彦先生にコメントをいただくことができました。


──『シン・ゴジラ』本が大盛況でしたが、どういうお気持ちからつくることにされたんでしょうか? 盟友・庵野監督を賞賛したいという気持ちでしょうか? あるいは、ライバルとしての悔しさの方が大きかったのでしょうか?

島本和彦先生 友達が良いもの(作品)をつくったら、(それを)応援することによって、特撮映画界とか、全体のプラスになるんじゃないかな、という気持ちで動いたのが本音です。

──共に盛り上げたい、と。

島本和彦先生 まあ、今回薄い本(同人誌)はつくったんだけど、その後になって、また向こうから「発声可能上映を用意しました」とか色んなものが出てきて、盛り上がりすぎてとんでもないことになった。そうするんだったら先に話を持ってきてよ、いきなりふっかけないでよって感じ(笑)。

──先生のために用意されたという「発声可能上映」について、庵野さんからご連絡はあったんでしょうか?

島本和彦先生 (発声可能上映に)行けないという流れになった時に、「来てくれ」というメールはありましたけどね。そしたら行かざるを得ないよ(笑)!

──島本先生から庵野監督に『シン・ゴジラ』の感想を送ったり、作品について語り合ったり、といったことはされたんですか?

島本和彦先生 それは秘密です! あんまり内情をバラすと面白くないからね。

──確かに。では最後に、購入できなかったという人も大勢いる『シン・ゴジラ』本、再販などの予定はないのでしょうか?

島本和彦先生 やっぱり今だけの追い風だから、再販の予定はないですね[注]。本当はネタバレを入れた内容にしようかとも思ったんだけど、いまだにネタバレを避けてみんなTwitterで感想を言い合っている状況を見て、描ける範囲でのことを描いているという意味でも、今だけのものなので。

──お祭り的な意味合いが強い、ということですね。

島本和彦先生 そうです。ただ、私が一番感動したことに関しては描いてあります。

──では、どうしても読みたいけど手に入れられなかった人は、購入した知り合いとかに見せてもらうしかないですね。お忙しい中、ありがとうございました。

[注]同日夜の島本和彦先生のツイートにて、やはり再販がかかる可能性を示唆されています。


続きを読む

石原さとみに批判が噴出 ルー大柴のような英語に赤面…

1 : ストラト ★@\(^o^)/[] 投稿日:2016/08/13(土) 12:40:42.23 ID:CAP_USER9
大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督/東宝)。7月29日の公開から2週目で145万人超を動員し(※)、新聞・雑誌やネット上の評価を見ても賞賛の声があふれています(もちろん辛口評価もありますが)。

そんななか、映画をほめている人からも批判が続出しているのが、なんとあの石原さとみ。
彼女が演じているのは「米国大統領特使 カヨコ・アン・パタースン」なる日系アメリカ人で、いずれは大統領になろうかというキーマンです。

私は事前情報ゼロで『シン・ゴジラ』を観て、とても面白かったのですが、この石原さとみには「え????」と困惑してしまいました。
観たあとでネットで調べてみたら、かなりの人が石原さとみを酷評しているようなのです。

◆ルー大柴のような英語に赤面…

批判されているポイントは、まずその英語力。

「いかんせん石原さとみの英語が爆笑ポイントにしかなってなくて…」

「海外公開時には英語部分だけ石原さとみに声質が似ている米国人女優に吹き替えてもらったらどうか」

「ルー大柴か」

といった声が、有名無名の人のツイートなどで上がっております。

これは石原さとみが悪いのではなく、配役とセリフ回しに無理があったのかも。

最初に英語を長く話す場面は「頑張って練習したんだな」と感心するのですが、その後も、日本語で喋ってるのにいちいち英単語をはさんでそれっぽく発音するルー大柴感には、赤面してしまいました。

外国人に道を聞かれた時の自分を見ているような恥ずかしさ。

あなた日本語ペラペラなんだから、もう英語をはさむのはやめて~!と感じた人は多いようです。

◆石原さとみは「未来のアメリカ大統領」には見えない

批判されているポイントのもうひとつは、「カヨコ・アン・パタースン」自体に「実在感がなくて笑ってしまう」(小林よしのり氏のブログ)という点です。

そして、高飛車なスーパーキャリアウーマンであるカヨコを石原さとみが演じると、無理してる感がにじみ出てしまうんですね。

伊集院光が、この映画を絶賛しつつ「どっかにケチつけろって言われたら、石原さとみが可愛すぎる。石原さとみだけ、相変わらず石原さとみで出てる」(ラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』8月1日)と言ったように。

このように酷評が続出するなかで、「『シン・ゴジラ』石原さとみを余計なお世話だが全力で擁護する」(8月10日、エキサイトレビュー、by木俣冬さん)といった擁護論も飛び出しました。




続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ